大阪メンズエステ体験!様々なセラピストたち!それぞれの旨味③

大阪メンズエステ体験!様々なセラピストたち!それぞれの旨味シリーズが最終話でございます。

 

最後に大阪生まれメンズエステ育ちの僕のこだわりや、紙パンツへの執念を交えてお届けいたしますw

紙パンツ

 

リンパマッサージが売りの技術の高い本格メンズエステ!

今は通っていませんが以前のお気に入りだった日本橋のメンズエステ店では紙パンツ履かなくてOK!

 

セラピスト

 

最近履かなくてもいいと言ってくれるセラピストさんも増えましたが、

紙パンツフェチの僕としてはわざわざ紙パンツ履かなくてもいいよ!

といってほしくないのです!

 

履かなくてもいいよと言われたのにも関わらず、履きたい意志を見せるのがはずかしいw

僕のような男性もすくなくはないかと思いますw

 

メンズマッサージと紙パンツは2つで1つ。

僕がなぜ紙パンツを履きたいかというと、

施術開始から履かない場合、ドキドキ感がうすれ、感情の高ぶりが薄まります。

紙パンツを履いている場合はどうしても鼠蹊部リンパマッサージをする時に紙パンツの紐横を通過するメンズマッサージ法があったり、パンツの中に手を突っ込んでいるという興奮要素が存在します。

リンパマッサージ

これがトランクスタイプの場合だと、突っ込んだ手はパンツで見えないので、

「手探りでのリンパマッサージ

この感じが気持ちを高ぶらせますw

 

そして何より感情がたかぶるのはやっぱり、

はみ出ちゃう。ってことです。

隠しているのに大きくなることによってはみ出ちゃうってのが紙パンツの醍醐味だ!

だから僕は、メンズエステでは紙パンツを履きたいのであるw

 

僕はメンズエステ業界の全ての女性に伝えたい。

 

紙パンツを履いてこそのメンズエステだとw

 

紙パンツ履かなくてもいいよ!と気を使うのはぜひ、やめていただきたいw

そして忘れないで!

メンズエステは紙パンツを使ってマッサージするメンズリラクゼーションだということをw